東京国際映画祭で手塚治虫作品上映

東京国際映画祭で手塚治虫作品上映

2008年10月18日(土)に開幕する第21回東京国際映画祭で、漫画家 手塚治虫 の生誕80周年を記念した特集上映がされることがわかりました。

“エコロジー”をテーマに、「海底超特急マリンエクスプレス」などの作品が上映されます。

1979年の24時間テレビで放映された「海底超特急マリンエクスプレス」は、鉄腕アトム、ブラックジャック、サファイア、シャラク、ジャングル大帝レオといった、手塚作品の人気キャラが勢揃いしたことでも話題を呼びました。

非常にメッセージ性の強い作品になっているので、エコをテーマにした今回の東京国際映画祭にはピッタリの作品といえそうです。

なかなか見ることのできない作品なので、手塚ファンならずともこの機会に見てみたくなりますね。

第21回東京国際映画祭は、2008年10月18日(土)〜10月26日(日)9日間開催され、六本木ヒルズやBunkamuraをメイン会場に、都内の各劇場・ホールなどで催される予定です。

タグ