雷句誠 と 小学館 が 和解

雷句誠 と 小学館 が 和解

金色のガッシュ!!の作者、雷句誠が、小学館を相手取り330万円の損害賠償を求めていた裁判で、双方で和解が成立したことが明らかになりました。

事の発端は、「金色のガッシュ!!」連載終了後、小学館から返却された原稿が一部紛失していたこと。その後一部の原稿は見つかるも、全ては見つからず、訴訟へと発展しました。

結局、小学館側が和解金を支払うことで和解が成立しました。

また、さらに詳しい和解内容が、ブログ「雷句誠の今日のこのごろ。」で掲載されています。

今回の裁判では、漫画の美術的価値や、漫画家の弱い立場を何とかしたいという思いもあったみたいです。

実際問題、雷句誠が小学館側からどのような扱いを受けていたのかがわからないので、読者からは具体的な部分が見えてきませんが、今回の争いでは、上記要望は認められるには至らなかったものの、問題提起したことで、出版社側も漫画家側も少しずつ変わっていくものと思います。また、変わっていかなければならないでしょう。

ちなみに、現在取りかかっている新作のネームも仕上がっているようで、そろそろ新連載の情報も出てくるかもしれませんね。

タグ