グーグーだって猫である 映画情報

グーグーだって猫である 映画情報

大島弓子 作の 漫画 グーグーだって猫である が 映画化 され、2008年9月6日から全国ロードショーの予定です。

グーグーだって猫であるは、「ヤングロゼ」にて1996年11月号〜1997年8月号まで連載、現在は「本の旅人」にて連載中のエッセイマンガ。

映画 グーグーだってネコである では、主演の小泉今日子が、天才漫画家小島麻子を演じます。

長年付き添ってきた愛猫を亡くし、悲嘆に暮れていた麻子と運命的な出会いを果たしたのが、アメリカンショートヘアの子猫「グーグー」

生きる意味を考えさせるハートフルストーリーに仕上がっています。

テーマソング「good good」は、小泉今日子&細野晴臣のデュエットソングです。

常に大作が目白押しの映画スケジュールですが、たまにはこういった落ち着いた作品を観るのもいいかもしれませんね。猫好きの方にもたまらない内容だと思います。観ているだけで楽しくなってしまいそうな。逆に猫が嫌いな人には受け付けないかもしれませんね。

参考:
映画 グーグーだって猫である 公式サイト

タグ