極道の食卓 松平健 主演で映画化

極道の食卓 松平健 主演で映画化

立原あゆみ原作の漫画 極道の食卓 が、松平健 主演で映画化されることが決まりました。

極道の食卓(ごくどうのしょくたく)は、秋田書店のプレイコミックで連載中のマンガ。

熟年離婚した主人公の久慈雷蔵が、ヤクザとして活動を続けながら、気持ちを新たに夜間高校に通い始めるというストーリー。グルメマンガとしても楽しまれています。

俳優松平健(まつだいらけん)は数々のテレビドラマや映画で活躍する一方で、マツケンサンバが大ヒットするなど、その著名ぶりは言うまでもありませんが、最近では、フジテレビ系列で毎週土曜12時から放送しているバラエティ番組、「バニラ気分」内の『GOGOサタ』というコーナーを任され、そこで、松平健のオリジナル料理を披露しています。

そこで食されるマツケンレシピは、ゲストの方にも好評のようです。

料理にも精通している松平健が主演ということで、配役もぴったりという感じですね。

2009年2月の公開を目指しているとのことなので、原作ファンの方もマツケンファンの方も要チェックです。

タグ