イキガミ 松田翔太 主演で 映画化

人気漫画 イキガミ が、 松田翔太 主演で 映画化 されることが決定しています。公開は2008年9月27日(土)予定です。

イキガミとは、政府から発行される死亡予告症、逝紙(いきがみ)のことで、イキガミを受け取った者は、24時間後に必ず死亡するという世界観になっています。

イキガミは、間瀬元朗(ませもとろう)原作によるマンガ作品で、週刊ヤングサンデーで連載していたものの、ヤングサンデーが休刊となったため、ビッグコミックスピリッツにて連載を再開します。

国家繁栄維持法により、1/1000の確率で通知される逝紙(いきがみ)。24時間後に死ななければならないという恐ろしい設定は、奥底に眠る人間ドラマを深く掘り下げます。

映画では、逝紙配達人と呼ばれる主人公の藤本賢吾を、松田優作の次男である松田翔太(まつだしょうた)が演じることになります。どんな演技を見せてくれるのかにも注目が集まります。

24時間後に死ぬとしたら、一体人はどんな行動を取るのか。自分も考えてみましたが、これといった内容は浮かんできませんでした。

それでも、こういったことは考えることに意味があるのだと思います。考えて、自分なりの“何か”が見つかるといいですね。映画 イキガミでその答えを探してみるのもいいかもしれません。


映画化

漫画 コミック 発売日 for mobile